rehabilitation

  1. スマートライフ リハビリぷらす

Challenge

イメージ画像

『デイサービス スマートライフ リハビリぷらす』は、リハビリサービスのご提供に特化した施設でございます。リハビリサービスをメインとし、ご利用者様の自立力を継続させることに取り組んでまいります。
スマートライフの食事は、『デイサービス スマートライフ リハビリぷらす』がセントラルキッチンとなって、『デイサービス スマートライフ』にも配送して提供しているので同じお食事が出されます。お米にこだわり、契約農家から新鮮なひのひかりを直接仕入れています。

Rehabilitation

本来なら口腔から咽頭、食道を通って胃に送られるべき食べ物や唾液が、誤って、喉頭と気管に入ってしまうことを「誤嚥(ごえん)」と言います。 誤嚥が見られる方は、飲みこむ動作「嚥下(えんげ)」に障害が起きていることが多く、ご高齢者によくいらっしゃいます。
誤嚥は場合によっては誤嚥性肺炎(誤嚥により飲食物や唾液が肺に達し、細菌感染や化学反応により、肺に炎症を引き起こした状態)を引き起こす原因にもなります。
嚥下機能が低下した高齢者がなりやすく、厚生労働省による平成29年度人口動態統計では、誤嚥性肺炎が原因で亡くなった人は全国で約36,000人に上り、死因順位の第7位となっています。
スマートライフでは『食べるが楽しい!生きるが楽しい!』をテーマに、食事を快適に楽しむための口腔機能の向上を目標としたリハビリテーションに取り組んでいます。


リハビリデータ表

リハビリデータグラフ

お口のリハビリ

リハビリを受けられた、82歳(女性)のご利用者 A様
要介護:2 / 既往歴:2度の脳梗塞
退院後、著しい食欲の低下と体力の低下がみられていたが「スムーズに飲み込めるようになって、美味しく食事を食べたい」というご本人様の希望に合わせたリハビリを開始。

歯科医師・衛生士による口腔状態、咀嚼、飲み込みの確認を行い、歯科衛生士が立てたプランに沿って口腔体操を実施
[目標]
1.頬の筋力や舌の動きの低下の改善
2.お口の周りの筋力強化
[実施した訓練]
唾液腺マッサージ・おでこ体操・ブローイング・まき笛 など
様々な訓練と口腔内のチェックを行う中で、義歯が合っていないということも分かり、歯科医院にて義歯の作り直し。不自然だった舌の動きも落ち着き、咀嚼や嚥下機能の改善が見られてきた。
その結果、訓練3ケ月で、飲み込む回数を3回も増やす事ができるようになり、機能の改善がみられた。

身体のリハビリ


スマートライフは歯科クリニックが母体で、常にクリニックと連携を取りながら、医療を含めた口腔ケアを提供しています。
無料検診や毎日のブラッシング指導・入れ歯の具合の確認等を行ってお口の中を管理し、歯科治療が必要な時はご家族の方やケアマネージャに連絡して治療対応いたします。
またスマートライフでは、加齢と共に弱くなっていく飲み込む力や噛む力を維持するための、「お口の周りのリハビリ(口腔機能訓練)」を大切にしており、3ヶ月に一回、口腔リハビリによる成果をお渡ししています。

Initiatives

トレーニングマシン

Lorem ipsum dolor sit amet consectetur adipisicing elit. Quam culpa architecto asperiores facere deserunt adipisci, omni

トレーニングマシン

Lorem ipsum dolor sit amet consectetur adipisicing elit. Quam culpa architecto asperiores facere deserunt adipisci, omni

Guide

定員 25名
ご利用可能日 月曜日〜土曜日(定休日:日曜日、弊社指定日)
*祝日営業しています。
ご利用可能時間 10:30 ~ 17:30(送迎時間を除く) 9:30 ~ ご希望の方はご相談ください。
営業時間 9:30 ~ 18:30
送迎提供地域 久留米市内(例外もありますので、ご相談ください。)

施設の周辺と建物

2021年7月1日オープン予定です!

内部の様子

Lorem ipsum dolor sit amet consectetur adipisicing elit. Quam culpa architecto asperiores facere deserunt adipisci, omnis labore iste optio obcaecati expedita id iure. Vel rem dignissimos magnam ut aliquam ab?

Access